https://www.ending-service.info

エンディングノート


終活と言えば「エンディングノート」から始めるのが良いとされています。

終活は人生の終わりについて考える活動ですが、人間の「死」は誰にでも訪れます。

また、ほとんどの方が突然訪れることが多いのではないかと思います。

にもかかわらず、終活の話をすると「まだ早い」と仰る方が多く何も準備されない方が多いのが終活の実情です。

昔みたいに、ひとつ屋根の下であれば共有できていた情報も、大家族→核家族→単家族となり家族とコミュニケーションが取れていな方が多く家族の情報を知らない方が増えています。

そこで何かあったときに家族が困らないようにご自身の情報を書いておくのがエンディングノートです。

エンディングノートはご自身に何かあったとき

「あなたの口」  になります。


エンディングノートに記載しとおきたいこと下記に記しました。
・生年月日
・本籍地
・家族
・家系図
・かかりつけの病院
・過去にかかったことのある病気
・家族、親戚、知人等の連絡先
・遺言書の有無
・尊厳死宣言書の有無
・任意後見契約の有無
・葬儀社や互助会についての情報
・寺院や霊園などの情報
・死後手続きをお願いする人の情報
・健康保険証、年金手帳、介護保険などの情報
・ライフライン(ガス、水道、電気など)の情報
・加入している生命保険や損害保険などの情報
・ご利用されている金融機関の情報
・不動産の情報
・株や有価証券などの情報
・貸付金、借入金、ローンなどの情報
・連帯保証人になっている場合はその情報


上記に記載した内容は、同居の家族であれば知り得る情報に過ぎません。ただ、この情報が有事の際に役に立つのです。

また、この情報はご自身が生活する上で備忘録にもなりますので、日々の生活する上でもご利用頂ける内容だと思います。

ただ、エンディングノートは個人情報の固まりなので取り扱いには十分気を付けて頂きたいと思います。

※エンディングノートは、終活に関する希望を家族に伝えるメッセージに過ぎないので、エンディングノートに自身の介護や認知症、延命治療、葬儀等について書いても法的な拘束力はないので注意が必要です。

powered by crayon(クレヨン)